ひな人形の衣装について

ひな人形は平安時代の宮廷の衣装をお手本として作られている場合が多いです。

ひな人形職人としては本物の宮廷装束のミニチュアをひな人形に着せ付けるのを理想とするでしょう。しかしそうすれば、すばらしく費用と手間がかかるため、ひな人形として一般のご家庭に赤ちゃんのために飾るものとしては不向きになります。

つまり、ひな人形の衣裳は『本物の宮廷装束』から、どれくらい手を省き仕立てたかで値段が変わってきます。ですから、本物の宮廷装束とはどんなものかという知識が少しでもあれば実際に目にした時に、多少なりとも価格の違いというのが理解できるのではないでしょうか。

ということで、とりあえず引用して下に書きます!

ひな人形のお姫様に表される装束【裳唐衣(もからぎぬ)】

ひな人形のお姫様に表される装束は『小袖(こそで)』と呼ばれる肌着にあたるものを2〜3枚、そして『長袴(ながばかま)』を身につけます。その後、『単(ひとえ)』、『五衣(いつつぎぬ)』と呼ばれる、季節の移ろいなどを表した色目の重ねを身につけた後、『唐衣(からぎぬ)』『裳(も)』を着せ付けて『十二単』となります。

ひな人形のお殿様に表される装束【束帯(そくたい)】

宮廷の男子の正装として規定されている装束です。唐の時代の中国で用いられていた『胡服』という装束が日本に伝来し発達したものとされています。

束帯装束の特徴として、『表袴(うえのはかま)』と『しとうず』があります。『表袴』とは、表に白地、裏は紅染めの平絹で仕立てられた袴を指します。『しとうず』とはつま先の割れていない足袋で、現在の靴下のようなものです。

雛人形の選び方

  1. ひな人形のここで価格の差ができる:お内裏様の仕立て
  2. ひな人形のここで価格の差ができる:お雛さまのお顔
  3. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の袖
  4. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の襟元
  5. ひな人形のここで価格の差ができる:裳袴
  6. ひな人形のここで価格の差ができる:分解しちゃおう
  7. ひな人形のここで価格の差ができる:これ有名作家?作札あれこれ
  8. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★こだわる職人はここまでこだわる
  9. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★低価格にこだわる
  10. ひな人形の衣装について

姉妹サイト、雛人形専門販売ネットショップ『選ばれるお店の雛人形』でも雛人形を販売しています。

雛人形は日本の文化です - 女の子は3月3日がひな祭り(桃の節句)で、お子様の成長を喜ぶお祝い事として日本の五節供のうちのひとつとされます。とりわけ赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句といい、盛大にお祝いします。雛祭りには赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め雛人形を飾ります。また、男の子の初節句には五月人形鯉のぼりを飾ります。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様