第30回広島お人形供養会-平成23年10月20日

平成23年10月20日木曜日、秋晴れの中、今回で30回を迎えた広島お人形供養会が開催されました。

まずは、供養の人形をお預けされた方に、供養が無事終了したことをご報告いたします。

供養依頼を受けた人形は前日の19日に多聞院に持ち込み、供養会のために並べました。広島人形専門店会の人形の和光さんとたむら人形さんも人形供養依頼のあった人形を持ち寄り、多聞院本堂に一緒に並べました。

そして、本日20日の朝、10時から開会し、人形へのねぎらいの言葉の後、読経、焼香が行われ、導師のお話がありました。参列者はおよそ50人です。供養会にご協力いただきました多聞院さま、ならびにご参列いただきました皆様、ありがとうございました。

ここ数年の中では最も人形の数が多く、15,000体はあるのではないかと思われました。雛人形が最も多く、日本人形、市松人形と様々でしたが、毎年数個は見かける大きなぬいぐるみがほとんど無かったことが印象的でした。

下は、第30回広島お人形供養会の様子を撮ったスナップ写真です。

多聞院のお坊さん4人が読経をしているところお人形供養会の読経の横からスナップ供養会に集められた人形達多聞院住職から人形へのねぎらい広島人形専門店会を代表してたむら人形さんから人形へのねぎらいの言葉参列者が焼香しているところ多聞院導師からの説法供養された人形達供養された人形達供養された人形達

撮影:十二段屋 池村(平成23年10月20日、多聞院にて)

多聞院で開催された広島お人形供養会のご紹介

全国で開催される人形供養のご案内


一緒に飾ってそれが楽しいお雛様