第28回広島お人形供養会-平成21年10月20日

平成21年10月20日、28回目のお人形供養会が無事終了しました。まずは、供養の人形をお預けされた方に、供養が無事終了したことをご報告いたします。

数多くの日本人形、雛人形、市松人形、ぬいぐるみなど飾り並べ、多聞院の住職にお経をあげてもらいました。

今回も、大々的なPRなく口コミでの人形供養となりましたが、昨年より供養に出される人形が増えました。また開会前、広島人形専門店会に事前に供養を依頼される人が減り、当日、持込みにて供養を依頼される人が多く、開会前には整然と並べられた人形が、終わってみると積み上げられるようになっていました。遠方からの申し込みが減り、地元広島中心のお人形供養と移りつつあります。このことから各地でも人形供養が行われ、それぞれの認知が増えてきたことなのだと思います。

お受けできる供養の人形は『人形本体のみ』とお知らせしているのですが、まだお飾り物やケース付きで持ち込まれ、広島人形専門店会の皆さんが苦労しています。どうか、ゴミ感覚でなんでもかんでも持ってこられず、供養の目的を持って人形のみの持込みをお願いいたします。

供養会にご協力いただきました多聞院さま、ならびにご参列いただきました皆様、ありがとうございました。

今回は、産経新聞の記者さんが熱心に取材をされていました。記事に掲載されるかもしれません。

お人形供養会が催される多聞院本堂積み上げられた供養を待つ人形沢山の並べられた人形供養会では多聞院住職による読経が行われる住職による人形への言葉焼香が参加者の手によって行われる焼香を行い手を合わせる参列者住職の説法供養を終えた人形たち。日本人形が多く並ぶ供養を終えた人形たち。ぬいぐるみも見られる

撮影:十二段屋 池村(平成21年10月20日、多聞院にて)

多聞院で開催された広島お人形供養会のご紹介

全国で開催される人形供養のご案内


一緒に飾ってそれが楽しいお雛様