ひな人形のここで価格の差ができる:番外★低価格にこだわる

と、物は安ければ安いに越したことはありません。
人形もまたしかりです。

低価格にこだわる製造元は、どうやって価格の安いお人形を作っているのでしょうか?

それは・・・・・・。

・・・。

のりを多用する!

さらに・・・・・・。

見えないところは作らない。

着物を縫わずにのりで貼り付けていけば、簡単にだれでも短時間でできます。
また、手縫い→ミシン縫い→のり貼りの順で手間が省けます。
ホッチキスを使ってあるのも見かけます。
やっぱり手間をどれだけ省くかが価格に直結します。

同じ生地を使っても手間が省ければ一日の生産量が変わります。
おそらく、低価格にこだわる作り方は一日に何個生産できるかが勝負になることでしょう。

それには、やはり、「どれだけ手をかけずに人形のかたちにするか」だとおもいます。

他に、たとえばおひめさまの一番上の着物にはいいものを使うが、中に重ね着をさせる生地の質を格段に下げるということも聞いたことがあります。
こうすると、見栄えは似ていてもずいぶんと生地代が違うようです。

まあ、最近は一番外の着物だけ作って、中身は見えるところだけ付け足しするおひなさまがかなり出回っているので、それくらいはあたりまえなのかもしれません。

おひめさまはしっかり作るが、じろじろ見られる機会が少ないおだいりさまの仕立を省略するやり方もあると聞いたこともあります。

もちろん、人件費の安い海外でつくらせるというところもあるでしょう。

すべては消費者様・小売・卸が望んだための

企業努力

だそうです。

付け加えると、低価格で製造されたおひなさま、店頭に並ぶときには低価格かどうかわかりません。
小売店の裁量しだいでどうにでもなるのです・・・・・。

悲しいかな・・・・・・・。

次は・・・とりあえず、これにて。また増えるかも?!

雛人形の選び方

  1. ひな人形のここで価格の差ができる:お内裏様の仕立て
  2. ひな人形のここで価格の差ができる:お雛さまのお顔
  3. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の袖
  4. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の襟元
  5. ひな人形のここで価格の差ができる:裳袴
  6. ひな人形のここで価格の差ができる:分解しちゃおう
  7. ひな人形のここで価格の差ができる:これ有名作家?作札あれこれ
  8. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★こだわる職人はここまでこだわる
  9. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★低価格にこだわる
  10. ひな人形の衣装について

姉妹サイト、雛人形専門販売ネットショップ『選ばれるお店の雛人形』でも雛人形を販売しています。

雛人形は日本の文化です - 女の子は3月3日がひな祭り(桃の節句)で、お子様の成長を喜ぶお祝い事として日本の五節供のうちのひとつとされます。とりわけ赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句といい、盛大にお祝いします。雛祭りには赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め雛人形を飾ります。また、男の子の初節句には五月人形鯉のぼりを飾ります。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様