小西清甫[京都伝統工芸士]こだわりの雛人形工房

小西清甫は京都の伝統工芸士です。その清甫が造る雛人形は優雅で繊細。清甫の工房初公開かも???

小西清甫本人←この人がかの有名な京都雛人形伝統工芸士小西清甫先生です

小西清甫雛人形工房の紹介です

いつもの工房紹介はやけに軽いノリで書いてましたが、ここは違います。その名も高い、メッチャこだわりの雛人形工房です。少数精鋭で作られる雛人形は、普通の雛人形工房とは、比べようもなく丁寧で、素材も厳選、こだわりもけた違いです。

他の工房に真似のできない頑固職人のこだわりと意地が清甫の雛人形からは感じられます。

特に、極上といわれるランクの雛人形は、触ると衣装がふにゃふにゃ〜って感じで、まるで人が衣装を実際に着たそれをそっくりそのまま縮小した、そんな『触り心地』です。この触り心地ははっきりいって、他ではありません。まあ、できないといってもいいのではないでしょうか。

正絹と銘打たれた、雛人形の多くは一番上の上衣だけ正絹(しかも交織のもある一応正絹は正絹)で、重ねは化繊です(本当です)が、清甫の極上クラスは重ねの上から下まですべて正絹、しかもランクの高いやわらかい選りすぐりの正絹をつかったりするものですから、普通の工房ではまずできません。

他の工房で作られるやわらかい良い生地を使った雛人形を見かけますが、やわらかい分、形が決まらずによれっとしています。清甫の雛人形は、違います。まるで化繊を使ったように(例えが悪いですが)、きれいな曲線を生み出し、気品溢れる優雅な形を表現します。

いうなれば、格が違う。この一言に尽きるのではないでしょうか。

小西清甫雛人形工房小西清甫雛人形工房小西清甫雛人形工房小西清甫雛人形工房小西清甫雛人形工房

小西清甫雛人形工房


雛人形工房・甲冑工房のご紹介

雛人形は日本の文化です - 女の子は3月3日がひな祭り(桃の節句)で、お子様の成長を喜ぶお祝い事として日本の五節供のうちのひとつとされます。とりわけ赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句といい、盛大にお祝いします。雛祭りには赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め雛人形を飾ります。また、男の子の初節句には五月人形鯉のぼりを飾ります。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様