雛人形のお手入れを怠ると

雛人形の修理の持ち込みがありました。
ひな人形の殿様の顔です。
髪の毛の生え際がごっそりはげています。
これは、どうしたことでしょう?
修理依頼品 修理依頼品 修理依頼品 修理依頼品
入れてあった箱をよくよくみると・・・・・・。
小さい黒いものがたくさん隅のほうにあります。
これは、ゴキブリの糞です。
箱の角には
そうです。
ゴキブリに侵入されて、食べられたのですね。生え際の糊か顔料に引き寄せられたのでしょう。
この場合は、顔の取り替えで対処させていただきました。このようなことにならないよう、保管にはじゅうぶん気をつけ、雛人形用の防虫剤を検討してみのも良いと思います(→雛人形にはどんな防虫剤を使うのが良いか)。

衣装に虫がきて、食べられて穴があいたと言うのは皆さんよく言われますが、顔を食べてしまうと言うのもあるんです。
あとは、ねずみにも顔をかじられたりすることもあります。

湿気も天敵です。
お風呂場近くの押入れや棚、洗面台が近くにあるところなどがそうです。湿気はしみの原因になります。

押入れにしまうにしても上の段にしまうなどの工夫があればいっそう人形にはいいです。

誰もしてないようですが10月の天気のいい日に風通しをするともっといいです。
箱の中の空気が澱んだままだとやはりしみの原因になります。

で、おそらくこう書いたら問い合わせがあると思いますので先に書いときます。
当店で販売した商品に関してのみ、きちんとした対処が出来ます。
そういった対処がきちんとできるところから入れてますので大丈夫です。
がそうでない場合は部品の調達が出来なかったり、修理を取引先に依頼しても、他社製品といって受けてもらえないのです。
ほとんどの場合、部品の取り替えという方法がとられますのでその部品がないとどうしようもないというのをご理解ください。
また、買い換えたほうがはやいものもおおいです。
使える部品を再利用するため丁寧に分解して、新たに使えない部品を取り替えてまた組み立てるということになりますと新しいものを一から造るより、ずっと手がかかリます。

以前、どこかで人形の修理専門でおこなっているとこのサイトへのリンクを目撃したことがありますので、どうにもお困りの方はそういったところにも足を運んでみてはいかがでしょう?

雛人形に害を与える虫たちや雛人形に使用する防虫剤は、雛人形をしまう時の防虫剤についてを参考にしてみてください。

雛人形は日本の文化です - 女の子は3月3日がひな祭り(桃の節句)で、お子様の成長を喜ぶお祝い事として日本の五節供のうちのひとつとされます。とりわけ赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句といい、盛大にお祝いします。雛祭りには赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め雛人形を飾ります。また、男の子の初節句には五月人形鯉のぼりを飾ります。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様