ありきたりでない雛人形の選び方

雛人形の選び方

ありきたりでない雛人形の選び方、はじめに

雛人形の選び方なんて、サイト検索をしてしたらどこも同じことばかり。 まず、雛人形を飾る場所を考えて。。。。誰でもどこでも言っていることです。

なぜかというと、現在は高級屏風と高級飾り台が中心の、人形いまいち飾りが主流なのです。極端な話、人形はできるだけ安く抑えて、見た目の良い高級屏風と高級飾り台を使い、写真写りを重視しています。でも、ホントは違うでしょ?!雛人形を飾るとき、人形に惚れ惚れしながら飾りませんか?やっぱり人形中心で選びたいですよね。さらに言えば、楽しい思い出が作れる雛人形って、良いと思いませんか?(←結構、重要)

このサイトを訪れた人、ラッキーです♪しっかり読んで、近所のお店巡りをし、自分にぴったりの雛人形を探してください。

極端な構成比例←極端な雛人形の構成価格比(ありえない〜

ありきたりでない雛人形の選び方、ここから

3年、5年後の雛人形の飾る場所を考えると、子供のものがたくさん増えて何にも置けなくなるじゃないっていうのが本音です。
これは、本当です。

でも、それで終わるのでしたら雛人形の楽しさをわからないまま過ごすことになります。 それはもったいない。

ちょっと見方をかえまして、わたくし流の雛人形の選び方でいかせていただきます。

っと、ここを覗かれる方は、いったいどんな雛人形にしたら良いのだろうと思われている方々でしょう。

雛人形はこちらをご覧いただいたらわかると思うのですが、やりかた次第で今からのおひなさまがすごく楽できます。しかも、楽しく♪

ですので、今は赤ちゃんでもすこし大きくなったときのことを考えて雛人形を選びましょう。

親の愚痴「雛人形は邪魔になる。」「めんどくさい。」を小さい頃から聞いてきたお母さん達がその洗脳?に勝てるかどうかです(笑。とっても楽しいお雛さま♪とお子さまが思うようになって、雛人形の飾りつけもお片づけもしてくれるようになったら、これこそしめたもの(笑♪さらに、お子さまがとっても雛人形を好きになったら、ずぅ〜と先まで飾るようになりますので、それこそ雛人形がタンスの肥やしにならずにすみます。

これこそもったいないお化けから開放される今時のお雛祭りだと思うのですがいかがでしょう?

親の意見を押し付けた雛人形を選ぶと、結局お母さんだけが我慢しながら飾ったり、しまったり、そしてそのときの愚痴をお子さまが聞いて雛人形ってそうなんだ〜って思う子に育ち、やがてお母さんになったとき同じ思いをそのまた子供に伝えることでしょう。

つまり、お子さまが楽しめる。きっとこんな雛人形だったら楽しいだろうなっていうような雛人形を選びましょう。

ちなみに、

親の意見:

『雛人形は邪魔にならない程度に小さいほうがよい。飾るのがめんどくさくないのがよい。』

子供の意見:

『雛人形は大ききければおおきいほどよい。』

『もちろん、沢山、人形が揃っているほど楽しい。

完全に対立しています(笑。このバランスをどう両立させるかが難しいところです。

さて、こんな話ばっかり読んでいると、そろそろ飽きてくるでしょうから、雛人形の実際の値段の差はなにから来ているのかを公開します。

雛人形の生地は手触りに関係します。 小さい頃はこれが一番大事だと思います。 というか、これしか判断できないと思います。 ぱっと見、わかならい仕立ですが、雛人形の仕立の良いものは、人形のもち(型崩れ)に関係してきます。 衣裳の柄は大きくなったとき始めてわかります。 お顔もしかりです。手触りは実際に持たせてもらったらわかります。 衣裳の柄は人により好みが違います。 仕立が一番わかりにくいと思います。

雛人形の仕立の良し悪しはどこで判断するか、この先に進むと明らかになります!それがわたし流の選び方。その仕立とやらはなにがどうなってどうなのかな?????それでは、雛人形の選び方を見ていきましょう。

では、雛人形の選び方、始まり始まり〜。↓クリック

雛人形の選び方

  1. ひな人形のここで価格の差ができる:お内裏様の仕立て[雛人形の選び方]
  2. ひな人形のここで価格の差ができる:お雛さまのお顔[雛人形の選び方]
  3. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の袖[雛人形の選び方]
  4. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の襟元[雛人形の選び方]
  5. ひな人形のここで価格の差ができる:裳袴[雛人形の選び方]
  6. ひな人形のここで価格の差ができる:分解しちゃおう[雛人形の選び方]
  7. ひな人形のここで価格の差ができる:これ有名作家?作札あれこれ[雛人形の選び方]
  8. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★こだわる職人はここまでこだわる[雛人形の選び方]
  9. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★低価格にこだわる[雛人形の選び方]

雛人形の選び方子どもの好奇心を閉じ込める、「さわっちゃダメ。」の言葉は、控えませんか。

おひなさまは触ってこその楽しさです。

よく手を洗ってから、一緒に組み立てることからはじめてください。 壊れたら修理もできますし、そのまま思い出としてとっておくのも良いのではないでしょうか?

雛人形は日本の文化です - 女の子は3月3日がひな祭り(桃の節句)で、お子様の成長を喜ぶお祝い事として日本の五節供のうちのひとつとされます。とりわけ赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句といい、盛大にお祝いします。雛祭りには赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め雛人形を飾ります。また、男の子の初節句には五月人形鯉のぼりを飾ります。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様