兜の飾り方 五月人形

兜の飾り方といっても簡単なので、すぐわかると思いますがいちおう書いときます。しまうときは、逆をすれば良いので参考にしてください。

飾り方櫃を開けて中身を確認してみましょう。ものによっては、櫃の中で布に包まれていたり、紙に包まれています。当然、剥き出しのまま入っているものもあります。


飾り方雄山のこの兜は、布に包まれていて吹き返しが紙に包まれ、兜自体ビニールの袋に入っています。輸送の際、何かとこすれていたむのを防ぐためです。


飾り方櫃から出してみましょう。このような感じで兜が入っています。吹き返しの金具はよく他とこすれるので紙でくるんであります。

また、兜の下にも紙が入っています。これは、べたに置いたときに裏側の小札の角がよくこすれて傷みやすいので、その保護のためです。

しまうときは同じようにしまいましょう。


飾り方部品を櫃から全部出してみました。

兜本体と、鍬形、作札、兜台、袱紗があります。種類によって、部品点数が多かったり、少なかったりするのですが、標準的なものはこんなものです。

この兜もそうですが伊達正宗の兜など、竜頭のないものも最近は多いですし、他の部品がついているものもあります。


飾り方では、飾っていきましょう。金具のついている方向に注意して(金具がついていないものもあります)、正面前よりに兜台をおきます。


飾り方その上に袱紗をかぶせます。雄山の袱紗には雄山作と書いてあるものがほとんどですので、書いてあるほうを前に向けての設置です。


飾り方次に、兜に鍬形をはめ込みます。

その前に竜頭のついている兜は先に竜頭を取り付けましょう。鍬形をはめてからですと、竜頭がはめ込みにくくなります。

この兜は竜頭のない型ですので、すぐに鍬形へいきます。

この時、なるべく手袋か軍手でもはめてください。兜や鎧に使われている金具は非常に錆びやすいのです。手の汗などがのこり錆びないとも限りません。

片方ずつ慎重に差し込みましょう。


飾り方 反対向きに差し込まないように注意してください。


飾り方両方の鍬形を差し込むことができたら、早速、さっきの兜台の上にのせましょう。

以上で出来上がりです。どうです?簡単だったでしょう。


豊臣秀吉馬藺後立南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り豊臣秀吉馬藺後立南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り
馬藺後立て南蛮胴具足で天下人豊臣秀吉の鎧を再現しました。脇飾りを槍と馬上太刀とし、咲き誇る桜を金で表現した美しい舞台の五月人形です。

織田信長公覇王7号胴丸鎧金銀桜屏風飾り織田信長公覇王7号胴丸鎧金銀桜屏風飾り 雄山作 五月人形
赤小札黒糸威胴丸鎧に織田木瓜前立ての南蛮兜で覇王織田信長公を表現しました。華やかな金銀の桜をデザインした屏風で彩る五月人形です。

真田信繁(真田幸村)南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り真田信繁(真田幸村)南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り
天才軍師として有名な真田幸村の赤備えを南蛮具足として再現しました。脇飾りを槍と馬上太刀とし、咲き誇る桜を金で表現した美しい舞台の五月人形です。

甲冑師がこだわるとこんなになります。よりリアルになった伊達政宗兜の五月人形甲冑師がこだわるとこんなになります。よりリアルになった伊達政宗兜の五月人形
さらに伊達政宗!仙台市博物館所蔵の弦月形鍬形兜をもっと忠実に再現した兜としてリニューアルしました。

織田信長南蛮兜龍虎屏風花梨塗り収納飾り織田信長南蛮兜龍虎屏風花梨塗り収納飾り 雄山作 五月人形
織田木瓜の前立てに南蛮兜鉢の戦国時代様式、織田信長公兜を龍虎柄の屏風と花梨塗りの収納台に並べた五月人形です。

国宝模写赤糸竹雀の兜10号黒塗り彫金龍虎三曲屏風黒塗り収納飾り国宝模写赤糸竹雀の兜10号黒塗り彫金龍虎三曲屏風黒塗り収納飾り
奈良春日大社所蔵の国宝赤糸竹雀の兜を雄山工房が再現しました。三曲の彫金龍虎屏風と一本矢弓太刀で黒塗りの収納台に並べた五月人形です。

端午の吊るし飾り 室内鯉のぼり 桃太郎こいのぼり 中室内鯉のぼり 桃太郎こいのぼり 中
かわいいぬいぐるみの鯉を飾る室内鯉のぼりです。桃太郎の鬼退治を題材にしました。

端午の吊るし飾り 室内鯉のぼり短冊名前札付き室内鯉のぼり短冊名前札付き
かわいいぬいぐるみの鯉を飾る室内鯉のぼりです。お子様の名前を入れることができる札がついています。

金太郎と鯉 紺色名前旗金刺繍名入れ(小)金太郎と鯉 紺色名前旗金刺繍名入れ(小)
鯉に乗った金太郎が勇ましく鉞(まさかり)を振り上げたデザインの男の子用名前旗です。

五月人形は日本の文化です - 日本では季節の変わり目の祝祭日のことを節日といい、お供え物をしたり行事を行って祝ってきたという歴史があります。この節日の供え物『節供』という言葉が、節日そのものを指すようになって『節句』という言葉になったともいわれています。その五節供のうちのひとつ端午の節句は、男の子の節供として内には五月人形を飾り、外には鯉のぼり五月幟をたて、お子様の成長を喜ぶお祝いの行事として生活に定着しています。とりわけお子様がはじめて迎える節句を初節句といい盛大にお祝いします。また、女の子の初節句は、雛人形を飾ってお祝いします。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様