加藤鞆美の五月人形

加藤鞆美(かとうともみ)の兜についていた説明書きと商品の写真を撮りましたので少し載せます。

加藤鞆美

五月人形の楽しさ

楽しむ男の人は、五月人形に思い出をお持ちの方、極めて少ないです。皆無といったほうがいいと思います。おひなさまを楽しむ女性は多いのに、男はなんで。。。。。

ズバリ、五月人形を楽しんでこなかったからだと思います。おそらく五月人形なんて触ったことないと思います。太刀を振り回して遊んだひとは、やっぱり思い出のいちページとして、我が子にも、と言われます。
が、それすらない男性が圧倒的です。

ですから、五月人形をもっと有効活用しましょう!端午の節句は、小さいうちから御子様と五月人形を一緒に飾って、物を大切にする心、親子の絆を育てる絶好の場です。

それなのに五月人形の組み立ては、手袋をつけてなんて、ほとんどのお店の人いってると思います。そんなことするから、楽しい思い出が残らないのです。

五月人形は手袋つける、触ってはいけない→子供には触らせないが昔のあたりまえ。

でも、それをすると、『子供に五月人形の思い出のこらない』→『五月人形を一体何のためにかざるのかわからない』→『五月人形は楽しくない』→『五月人形をかざらなくてもよい』→『五月人形はいらない』→『しないほうがよい』となります。その通りです。

『思い出の残らない端午の節句(五月人形)はするだけもったいない。』と思います。

ですから、五月人形を楽しみましょう。楽しんで思い出を作ってあげて、自分も楽しんで、、、それで、少々、汚れたって、壊れたっていいじゃないですか。五月人形のホコリを気にするような人でも、そんな大人の男になって欲しいですか?男の子ですから、わんぱくに少しぐらいわるさしても大目に見てあげる気持ちで五月人形選んであげましょう。そしたら、きっと、、、

説明
説明書きが読みづらいといけないので、書いときます。

「東京都知事指定伝統工芸師
甲冑師 加藤鞆美
初代加藤一冑の次男として昭和九年に現在の東京都滝野川に生まれる
父が先天性心臓病で弱かった為でもあるが
自身仕事に興味を持ち七、八才の頃より父の仕事、生き方、技術を学び
十二才の頃より父の傍らで甲冑制作の一から十までの修行を積み
父一冑が全国行脚をして集めた資料のうえに再度裏付を取る研究を重ね
博物館、展示会、神社、仏閣に足を運び実物の甲冑に触れ
それにより得たことを糧に構想を練り、現代の素材、技術、技法を取り入れ
縮尺されていても現物の匂いや伝統を崩すことなく製品を造る為の努力を日夜続けている
京都府立文化博物館に納め展示されている平治物語の
絵巻信西の場の立体復元の鎧武者七分の一縮尺の鎧は他に製作することの出来る職人は
まだ見当たらない程に精巧に出来上っている」

説明
「甲冑職人
仕事の記録
ミニチュアを作るのも本物を作るのも、心構えは同じでなければならない
表現したいのは、あくまでもその時代の美であり、匂いである
たとえば紐の組み方がそうだ。柔らかく組まないと、鎧の穴には通らない
ところが、柔らかい紐は組み代が高い
しかし、凝っただけ、味わいも高まってきます」

説明
「鉢
兜は、まず金属の板(ミニチュアは真鍮、本物は鉄)を鋲で留め鉢型を作る。
板の枚数は10枚〜20枚。金属板を鋲打ちで留めるのだが、
鋲は飾りにも補強にもなる。
次に前面の篠垂(しのだれ)と呼ばれる金銀の飾りを付ける(ミニチュアはメッキしたものを使う)最後にしころと合体させて完成。
天頂の穴から髷(まげ)を出します。」

説明
「小札
鎧の大部分では、小札と呼ばれる無数の革の小片が、紐でつづられ厚い繊維状をなしている。
その小札作りの過程。
ミニチュアでサイズが小さいものは紙を使って張り合わせて作るが、2分の1以上になると、革の小札を皮紐でつづっていく。
次に各段ごとに色紐でつづり各部位を作る。
したがって、鎧には膨大な数の革の小札と紐が必要になります。」

説明
「飾り金具
真鍮の板を切って兜の前面に付ける鍬型を作る。
板の中央を切り抜く際は、手動式のろくろを使って穴をあけ、糸鋸(いとのこぎり)を通して切っていく。
糸鋸はボールペンの芯の部分に入れて大切に収納。
最近では、糸鋸も10本に1本ぐらいしか精度のいいものがないという。
仕上げにやすりをかけて完成です。」

説明
「革どころ
革どころ(革で保護する部分)は、腹、脇腹、背中。
もちろん革の裏には小札が付いている。
革どころの芯地には、補強のため金属が使われている。
革には、使用する武将オリジナルの模様が染め抜かれている。
色は、藍と赤。
獅子の柄が多い。」

兜についていた作札です。
いろいろな肩書きが書いてあります
作札

兜の写真を撮って見ました。
この兜には、鍬形をつけるようになっています。
竜はありません。
スナップ

兜後ろ
後ろからの写真です。

兜
上からです。
兜鉢が見えます。

兜の裏
裏から撮っています。
鉢裏天辺には、穴をあけてあります。

鍬形
鍬形の写真です。
鞆美の特徴の1つとしてその磨かれた輝く鍬形があります。
鏡のように顔までうつります。

鍬形
スキャナで撮ってみました。
下のほうに鞆美の刻印があります。

鍬形
鍬形の上のほうのスキャンの拡大です。
表面の様子が良くわかります。

加藤鞆美の五月人形販売

あいにく、現在、加藤鞆美の五月人形で販売できる商品が在庫にありません。申しわけございません。

完売商品一覧


豊臣秀吉馬藺後立南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り豊臣秀吉馬藺後立南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り
馬藺後立て南蛮胴具足で天下人豊臣秀吉の鎧を再現しました。脇飾りを槍と馬上太刀とし、咲き誇る桜を金で表現した美しい舞台の五月人形です。

織田信長公覇王7号胴丸鎧金銀桜屏風飾り織田信長公覇王7号胴丸鎧金銀桜屏風飾り 雄山作 五月人形
赤小札黒糸威胴丸鎧に織田木瓜前立ての南蛮兜で覇王織田信長公を表現しました。華やかな金銀の桜をデザインした屏風で彩る五月人形です。

真田信繁(真田幸村)南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り真田信繁(真田幸村)南蛮胴具足金桜黒屏風槍太刀飾り
天才軍師として有名な真田幸村の赤備えを南蛮具足として再現しました。脇飾りを槍と馬上太刀とし、咲き誇る桜を金で表現した美しい舞台の五月人形です。

甲冑師がこだわるとこんなになります。よりリアルになった伊達政宗兜の五月人形甲冑師がこだわるとこんなになります。よりリアルになった伊達政宗兜の五月人形
さらに伊達政宗!仙台市博物館所蔵の弦月形鍬形兜をもっと忠実に再現した兜としてリニューアルしました。

織田信長南蛮兜龍虎屏風花梨塗り収納飾り織田信長南蛮兜龍虎屏風花梨塗り収納飾り 雄山作 五月人形
織田木瓜の前立てに南蛮兜鉢の戦国時代様式、織田信長公兜を龍虎柄の屏風と花梨塗りの収納台に並べた五月人形です。

国宝模写赤糸竹雀の兜10号黒塗り彫金龍虎三曲屏風黒塗り収納飾り国宝模写赤糸竹雀の兜10号黒塗り彫金龍虎三曲屏風黒塗り収納飾り
奈良春日大社所蔵の国宝赤糸竹雀の兜を雄山工房が再現しました。三曲の彫金龍虎屏風と一本矢弓太刀で黒塗りの収納台に並べた五月人形です。

端午の吊るし飾り 室内鯉のぼり 桃太郎こいのぼり 中室内鯉のぼり 桃太郎こいのぼり 中
かわいいぬいぐるみの鯉を飾る室内鯉のぼりです。桃太郎の鬼退治を題材にしました。

端午の吊るし飾り 室内鯉のぼり短冊名前札付き室内鯉のぼり短冊名前札付き
かわいいぬいぐるみの鯉を飾る室内鯉のぼりです。お子様の名前を入れることができる札がついています。

金太郎と鯉 紺色名前旗金刺繍名入れ(小)金太郎と鯉 紺色名前旗金刺繍名入れ(小)
鯉に乗った金太郎が勇ましく鉞(まさかり)を振り上げたデザインの男の子用名前旗です。

五月人形は日本の文化です - 日本では季節の変わり目の祝祭日のことを節日といい、お供え物をしたり行事を行って祝ってきたという歴史があります。この節日の供え物『節供』という言葉が、節日そのものを指すようになって『節句』という言葉になったともいわれています。その五節供のうちのひとつ端午の節句は、男の子の節供として内には五月人形を飾り、外には鯉のぼり五月幟をたて、お子様の成長を喜ぶお祝いの行事として生活に定着しています。とりわけお子様がはじめて迎える節句を初節句といい盛大にお祝いします。また、女の子の初節句は、雛人形を飾ってお祝いします。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様