ひな人形のここで価格の差ができる:これ有名作家?作札あれこれ

ここでは、ひな人形飾りに必ずといっていいほど付いている作札(さくふだ)について述べます。

ひな人形の作札は実際の仕様と違うことや、まぎらわしい言葉、消費者の誤解を招きかねない表現が使われ記されている場合があります。

消費者のみなさまは

ご注意ください。


作札あれこれ
これは、作札とは呼べないかもしれませんが、人形に使われた生地についての説明書きがしてあります。(人形についています)
作札あれこれ
この生地です。
ゴブラン織というものだそうです。


作札あれこれ
これもまた生地について説明が書いてありますが、不許複製転載とありますので文章にはモザイクをかけました。
もしかして生地がいけないのかな?
その場合はお教えください。
即刻、削除いたします。
作札あれこれ
この生地が貼り付けてあります。
きれいです。
織が細かく最上の絹を使用しているのだと聞いたことがあります。
柄そのものの説明は書いたらまずいと思いますので控えさせていただきます。


作札あれこれ
次は色紙が人形についていましたので、これも載せます。
作札あれこれ
この人形はこんな生地を使っています。
細かい刺繍です。

あれこれ作札以外にも説明をつけてその商品をアピールするためにあります。
いわば作札以上にその商品のことがわかるようになっています。


それではいよいよ作札について説明します。

作札あれこれ
有名どころからしましょう。
京都の伝統工芸士の清甫のおひなについている作札です。
伝統工芸士の赤文字が目立ちます。
京頭 瑞馨(すいけい)とあります。
これは頭(かしら)に藤澤瑞馨のかしらを使用していることをしまします。
着せ付けが清甫です。
左上の黄色い丸は清甫作ですという証のシールです。


作札あれこれ
正絹の生地を使っているので赤く最初に書いてあります。
ですがすべての布が正絹であるとはわかりません。
衣裳(一番上の着物)には龍村(たつむら)が使われているのでこれは正絹です。

ちなみに、ここ(祥翠作)の人形とはまったく関係のない話ですが、
ごく一部(たとえば紐一本でも!)正絹を使っていれば同じように正絹と書いてあったのを過去に見たことがあります。
そんなのはインチキだとお思いでしょうが、つくる人(メーカー)は「確かに(一部)正絹を使ってつくっています」といって、括弧を口に出さなければうそではありません。
どれだけ正絹を使っているのかは関係ないのです。
こんなことがあたりまえのように通る?(通っていた)世界も怖いですね。


中国製のひな人形でさえも○●作(←それらしい名前)という作札が、当然ついていますので、日本らしい作号が書いてあるからといって日本製のひな人形とは限りません。


※作札やパッケージに記載してある最高級極上の文字や文句は、これといってアピールする特徴の無い無難な商品に大して表示記載される場合が多いです。


次は・・・ひな人形のここで価格の差ができる:番外★こだわる職人はここまでこだわる

雛人形の選び方

  1. ひな人形のここで価格の差ができる:お内裏様の仕立て
  2. ひな人形のここで価格の差ができる:お雛さまのお顔
  3. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の袖
  4. ひな人形のここで価格の差ができる:お姫様の襟元
  5. ひな人形のここで価格の差ができる:裳袴
  6. ひな人形のここで価格の差ができる:分解しちゃおう
  7. ひな人形のここで価格の差ができる:これ有名作家?作札あれこれ
  8. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★こだわる職人はここまでこだわる
  9. ひな人形のここで価格の差ができる:番外★低価格にこだわる
  10. ひな人形の衣装について

姉妹サイト、雛人形専門販売ネットショップ『選ばれるお店の雛人形』でも雛人形を販売しています。

雛人形は日本の文化です - 女の子は3月3日がひな祭り(桃の節句)で、お子様の成長を喜ぶお祝い事として日本の五節供のうちのひとつとされます。とりわけ赤ちゃんが生まれてから、最初に迎える節句を初節句といい、盛大にお祝いします。雛祭りには赤ちゃんの邪気を払って健やかな成長を祈るという願いを込め雛人形を飾ります。また、男の子の初節句には五月人形鯉のぼりを飾ります。


  • 雛人形も五月人形も楽しむ♪
    • 運営:株式会社 十二段屋インターネット事業部
    • 広島市中区昭和町11番21号
    • 営業時間:1月5日から4月27日まで無休 10:00−17:00 ※日祝は集荷がないため配送休業日、4月28日〜12月末までは土日祝休み
    • お問い合わせ
      1. メール:メールアドレス
      2. TEL:082-559-3123 (インターネット事業部)
      3. FAX:082-246-7601(FAXでご注文の場合は、FAX注文用紙を印刷してご利用ください。)
  • スタッフ
    • ウェブマスターwebmaster 池村好荘
    • メール・配送担当メール・配送担当 池村仁美
    • おじゃまむし1おじゃまむし2おじゃまむし3おじゃまむし
  • お支払いについて
    • 代金引換で商品をお届けします。別途、送料・代引き手数料が必要です。
    • 20,000円以上のお買い物で送料無料!離島や沖縄(本島を含む)は別途中継料が必要になります。詳しくはお問い合わせください。
    • 代引手数料390円8,000円以上お買い上げの場合、代引手数料無料)。代引きは現金でのお支払いのみとなります。
  • ご注文について
    • ご注文頂きましたのち、ご注文内容・お買い上げ金額の確認事項と発送予定日を【要返信】メールにてお知らせ致します。
  • 在庫表示について
    • 更新が間に合わず、完売・予約終了した商品が購入可能になっている場合がございます。その場合、ご注文を実際にスタッフが確認した後に、ご連絡さしあげます。
一緒に飾ってそれが楽しいお雛様